KUKU+ about

artist:
谷 恭子 Kyoko Tani

東京生まれ。
学習院大学経済学部卒業後、ヒコ・みづのジェリーカレッジで制作とデザインを学ぶ。
ジュエリーデザイナーとして宝飾メーカーに勤務後、フリーランスで活動。
彫金作家桂盛行氏、人間国宝桂盛仁氏に師事。日本伝統工芸展入選。
2003年、木工ブランド スタジオKUKUを立ちあげ、主宰。
2014年、スタジオKUKUのジュエリー部門を独立して、姉妹ブランドKUKU+として主宰。
concept:
2009年7月に木工ブランドスタジオKUKUのジュエリー部門として仕事をして来ましたが、2013年よりKUKU+として活動を始めました。

「KUKU」は、日本書紀に神様が木の精を「く」と名付けられたというくだりがあり、「木々」という意味を表します。
「+」は、3つの意味を持ちます。

ひとつは、木に異素材を組み合わせること。
ひとつは、木工の技術に他の工芸の技術をプラスすること。
ひとつは、身につける人に寄り添い、その方の魅力をプラスする作品でありたいということ。
       
※1 銀、WG、真珠、絹、卵殻など。
※2 卵殻の技術は、木工・漆工芸作家の泉健太郎さんに制作をお願いしています。今後も様々な分野とのコラボレーションを考えています。


木の素材を中心に、永く愛される心和むジュエリーを制作してゆきます。人と自然に優しいもの作りを通して、少しでも心地よさを感じて下さる方がいらっしゃることを願っております。
address:
〒384-0021
長野県小諸市天池4741 Tel/Fax:0267-22-1884
ページのトップへ戻る